使用上の注意点

ニキビ予防を念頭にスキンケアに限らず、市販の化粧品の使用に際して共通する注意点を、ここで今一度再確認しておきましょう。とりわけ肌の状態に不安を覚えておられる、あるいは既にニキビ発症の兆候を自覚されている多くの方々が陥りやすい事例を挙げて補足説明してまいります。

まずは効果を焦っての過剰な塗布や使用回数に及ぶ行為は厳禁です。商品購入時に確かめた優れた効能に縋る思いから、無意識のうちに指定量の上限を少しずつオーバーする使用に及ぶ方が見られます。これは単なる無駄のみならず、結果コンディションが微妙な肌に余計な負担を掛ける行為に他なりません。私達の皮膚が確実に有効成分を吸収出来る分量は限度が存在しています。

次に何らかの違和感を覚えた場合には、速やかに継続使用を一旦ストップする冷静な判断も大切です。規則正しい使用を中断する事で、それまでの効果が帳消しになってしまうのではとの不安から、無理矢理引き続き使用を続けるのは危険です。私達の体調が日々変化する中、一時的なミスマッチ状況を伝えている可能性を冷静に捉え、慎重に様子を見る姿勢を徹底してください。何より化粧品は患部の症状を速やかに改善する特効薬ではなく、保湿を始めとする各種のやさしい効果を通じ、徐々に皮膚の状態を改善する効果を届けるアイテムです。